サンシャイン
Welcome to the Sunshine Web Site
ごあいさつ 商品案内 セッティング例
お取扱店一覧
ブログ

 
METAL-FORCE
(メタルフォース)
超薄型制振シート
マグネシウム
インシュレーター
Mg SPENCER
マグネシウム
超薄型制振シート
吸振シールド
マグネシウム製
大型ベース
(インシュレーター)
アナログ
スタビライザー
レコードターンテーブル
シート
オーディオボード
調音パネル
(ルームチューニング)
業界初New
複合共振止めD-REN
(ディーレン)
Vシート専用New
オールマグネシウム
アーシングケーブル
オールマグネシウムNew
アーシングケーブル
特注

Mg SPANCER

数量 価格
3個1組 6,000円(税抜)
4個1組 7,500円(税抜)
製品仕様
大きさ 60mm×60mm×7
(ただし木枠があるので70角になります)
材質 純マグネシウム+バーチ材+制振シート0.6mm
ブラック
使用用途 プレーヤー、アンプの脚の下のスペーサーとして。
ラックの脚の下。
インシュレーター受として。

■本製品の使用用途■
1、オーディオ機器の脚の下に直接敷く、特にラックの中などインシュレーター設置困難なところには最適。(特にゴム脚の機器が多いので、もはやSPENCER必須的製品と言えるかもしれ ません)

2、高さ調整の出来るアナログプレーヤーの脚の下には必需品的効果

3、スピーカーのスパイク受けの受けとして

4、ラックの脚の下のスパイク受けの受けとしては必需品的効果

5、インシュレーターの受けとして

■本製品の効果■
インシュレーターに準ずる効果です。例えば弊社マグネシウムインシュレーター単独使用とMgSPENCER単独使用の効果の違いですが、インシュレーターは音離れや空間表現を得意としますが、SPENCERは空間表現より低域方向の改善を得意をします。が、本SPENCERの最大の長所は、低域方向を充実させつつ、空間表現などの表現も可能にする、スペーサーという分野では唯一無二の効果を持つ製品と自負します。また、インシュレーター受けとしての効果はまさに絶大と言えると思います、もちろん他社製のインシュレーターやスパイク受けをお使いの方もぜひこのSPENCERと併用してみてください。

■ご注意 ■
本製品は表も裏も黒色なので表裏を間違えないようご使用ください、木枠のあるほうが表で、制振シートが貼ってあるほうが裏です。 耐加重はほぼ無制限と言って差し支えないほど剛性は高いです。

 

 

MgSPENCERの思い出 サンシャイン 進藤 繁

サンシャイン 進藤 繁

私は大のオーディオマニアであり、また、本職はマグネシウムの素材屋であって、決してオーディオ製品開発のプロフェッショナルではありません。それで、弊社ブランドオリジナル製品第1号の超薄型制振シートは西日本最大手のオーディオ専門店の社長様との共同開発で、音決めは社長様主導で開発されたものです。

製品第二号のメタルフォースは、実は今だからこそ明かす、これはTIGLON社の沖野社長の作品です。従って製品の完成度は「この類いの製品では最強の効果」と、評価されるのは当然といえば当然の結果なのです。それで製品第三号が、本作の前作であったメタルスペンサーで、これは自身最初の自分自身で全部やり遂げた作品です。それでオーディオ製品開発者としては素人と言って良い人間の作品ですので、それはもう、非常に多くのお客様にご試聴いただいて、それでこと細かにレポートをいただいて、さらにはオーディオショップの方々にも聴いていただいて、皆様が良いとご判断いただいて初めて製品化した製品です。自分の耳というのは、自社製品は良く聴こえてほしいという願望が強いのでとても冷静に判断出来るものではないと思っております。

しかししかし、ついにメタルスペンサーの原料ともいうべきものの生産が休止に追い込まれてしまい、私にとっては非常に愛着のあるメタルスペンサーが生産出来なくなってしまいました。それでこれはまずいと思い立ったのは、オーディオボードでバーチ材とマグネシウムをハイブリットにして良い結果が出ているので、さらに制振シートを貼って作ればかなり良いものが出来るはずだと思い浮かびました。しかしこのような複雑なハイブリットになると、言ってみれば絶妙な配合というものが大きなカギを握ると思い、製品づくりのエキスパートともいうべきTIGLON の社長に相談したところ、ワタシの考えている配合と彼の配合はかなり違うものがありました。が、ワタシは彼の経験と才能を信じて、彼の言われるままの配合と構造で製品化することを決定しました。

また、彼がすごいのは、ワタシとしては、厚さ7ミリと、ラックの脚受け専用として厚さが二倍くらいあって大きさももっと大きいものと二種類作ってくれと依頼しました、大きいほうは12000円くらいで売ればいいから通常サイズ7500円と合わせ営業戦略的にはおおいに結構なこと、しかし彼が実際に何種類かの厚さの製品を作った結果、厚いものは逆に素材の音が乗りすぎてダメですと。これだけ優秀な素材で固められていたら厚さは7ミリ程度がベストと思われ、ラック脚受けとしてもこの厚さが一番良く、ラックが乗るようなオーディオボードの巨大なものを作って敷いても逆に大きすぎて素材の音が乗ってダメということで製品はこれ一種類で良いそうです。普通は厚かったり大きかったりするほうが良さそうに思いますが、彼は本当に天才だと思います。